会社案内

About

ご挨拶・会社概要・沿革

ごあいさつ

たゆまぬミクロン技術への挑戦と国際的な視野・事業展開力で広く世界へ羽ばたくアサヒテック。

1974年創業以来、アサヒテックは写真製版技術、画像形成技術をベースとして、幾度の技術革新を重ねながら高精度、高品質な各種マスクの製造を手がけ、その技術と品質は半導体、電子業界をはじめ、自動車業界、電気業界、陶磁器業界などの様々なお客様から高い評価を頂いております。

さらに、海外進出されたお客様への対応と自社技術の海外展開として、1992年にはアメリカ・インディアナ州、2004年には中国・北京、2005年には台湾、続いて2007年インドとそれぞれに生産、販売拠点を設立致しました。

アサヒテックは、ユニークなプロセス技術企業として専門技術を高めながら、グローバルネットワークの構築を目指し、お客様の満足度を向上させることを目的として絶え間なく進化して参ります。

会社概要

取締役社長 中島 純一
資本金 5,500万円
創業 1974年12月
所在地

〒489-0004
愛知県瀬戸市日の出町1番地

アクセスマップ

会社サイト http://www.asahitec-j.co.jp/
関連会社
  • Asahitec America Corporation
  • 朝灯精密製版(北京)有限公司
  • Asahitec Stencils Pvt., Ltd.(インド)

ネットワーク

会社沿革

1974年12月 曙プロセス(株)として名古屋市守山区で会社設立
資本金700万円
1976年3月 スクリーン刷版製造開始
1978年2月 サンドブラスト用保護膜の特許出願
1983年1月 愛知県尾張旭市に鉄筋4階建本社ビル完成
1984年1月 感光性樹脂成形品製造開始
1988年11月 アサヒテック株式会社に社名変更
1992年5月 アメリカ工場として現地法人 Asahi Tec America Corporation 設立
1996年12月 レーザー加工1号機導入
メタルマスク事業参入
1999年11月 瀬戸市日の出町に瀬戸工場開設
2000年1月 描画機(SS-LPP3698)導入
エマルジョンガラスマスク事業に参入
2000年5月 スクリーンマスク事業を瀬戸工場に増設
2004年3月 瀬戸市日の出町に本社移転
2004年12月 中国工場として現地法人朝灯精密制版(北京)有限公司 設立
2005年10月 台湾工場として台湾朝灯精密制版有限公司 設立
2007年5月 インド工場として現地法人Asahitec Stencils Pvt., Ltd. 設立
2008年3月 中国深圳工場として合弁会社FEC朝日精密制版有限公司 設立
2009年9月 中国深圳工場を北京へ統合
2012年6月 台湾工場 台湾朝灯精密制版有限公司 閉鎖
2014年6月 南アフリカ工場 SCANDITRON SAにインド合弁会社を通じて出資

ページの先頭へ